幼稚園のこだわり

あそびの大切さ

幼児期にもっと大切なことは『あそび』です。子どもたちは、あそびの中からさまざまなことを発見し、体験し、学んでいきます。

体験を通して学ぶ

子どもは五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)を身体で感じ、好奇心や探究心が育っていきます。自分の興味をもったことにじっくりとりくめる環境を整え、子どもたちの豊かな感性を引き出していきます。

食育

食事をするということは、命を維持し、命を育てる大切なものです。

安全・衛生

玉成幼稚園では、「学校安全保健法」に従って内科検診、歯科検診、視力検査、尿検査のほかにも様々な活動を行っています。

長時間のとりくみ(ひかりのこにじのへや)

玉成幼稚園では、家庭事情を考慮した保育時間及び、育児支援を含めた幼児教育を実践するため、平成15年4月「ひかりのこ・にじのへや」を設立し、「野のはな空のとり保育園」と同じ保育時間を設定し保育を行ってまいりました。

行事

玉成幼稚園では様々な行事をおこなっております。保育園や専門学校と合同で行う行事などもあり、たのしみにする子どもも多いです。

タイトルとURLをコピーしました