image

幼稚園トピックス

幼稚園での日々の様子をこちらにアップしています。

2017年 冬

まっしろだ!

2018-2-13
image先日の雪で、園庭が銀世界に生まれ変わりました。子どもたちは大喜びで登園し、一目散に雪の世界に飛び込んでいくと「冷たい!」「ふかふかしてるね!」と手に乗せたり、雪の上に倒れこんだり、雪を両手で持って降らせるなど全身で雪の感触をたのしんでいました。雪あそびをたのしむうちにイメージが膨らみ、かき氷やさんも始まりました。椅子やテーブルを作り、「チョコレート味ですよ」「おいしいですよ」と雪の日にしかできないあそびを満喫していました。次の日には雪が氷になっている変化に驚き、数日間じっくりと雪あそびをたのしみました。

どこに転がるのかな?

2018-2-13
image年中ぐみは、えのぐを使ってビー玉転がしをおこないました。好きな色をつけたビー玉を紙の上に落とし、カゴを傾けると転がった跡がつきます。それを見た子どもたちは「わぁ、お散歩してるみたい」・「ころころころ~」とビー玉の動く様子を口に出しながらじっくりとたのしんでいました。カゴの傾け方や、ゆすり方を工夫したことで一人ひとり違った模様ができあがったり、転がしていくうちに紙の上で色が混じりあうことなどの面白さを発見していました。

おおきいね!

2018-2-13
image年長組は、大根の収穫をしました。子どもたちは、「大根大きくなっているかな…」とこの日を心待ちにしていました。畑に着くと「あ!大根が見える」と大喜び。窪田さんに大根の実と葉のところを両手でしっかり持つこと、揺らさないで真っ直ぐ抜くなどの抜き方を教えていただきました。抜けた大根を見て「みてみて抜けたよ!」と大興奮な子どもたちでした。自分たちで抜いた大根を大事に幼稚園まで運び年少ぐみの子どもたちに「自分たちで運んだんだよ!」と誇らしげに伝えていました。次の日にはふろふき大根にして美味しくいただきました。

きれいだね!

2017-12-28
image年少ぐみの子どもたちは、年中、年長児のページェントを見たり、アドベント礼拝等を通してイエスさまの誕生を知り、温かな気もちでクリスマスのお祝いを待っていました。
幼稚園ではじめてのクリスマスを迎える年少ぐみの子どもたちは、親子でお祝いをしました。第一部では、イエスさまの誕生までの出来事のお話にじっと耳を傾け、改めてイエスさまが生まれた時のことを知りました。第二部は、クラスでいつも親しんでいる歌やゲームを、おうちの方と一緒にたのしみました。最後には、おうちの方へ保育園の厨房で作ったクッキーをプレゼントしました。

きれいなチューリップが咲きますように

2017-12-28
image年中ぐみの子どもたちは、春に向けてチューリップの球根を植えました。球根を手にとった子どもたちは、「たまねぎみたいな形だね」「咲く頃には僕たち年長さんだね」などの声が聞こえてきました。球根を植えるときには地面深くまで根をのばせるよう土を手で掘って穴を広げたり、上から優しくふかふかの土をかぶせ、ていねいに優しく植えていました。
チューリップの成長をたのしみに待ちながら、過ごしていきたいと思います。

ページェント(降誕劇)

2017-12-28
image年中・年長ぐみは、イエスさまがお生まれになったうれしいクリスマスの日の出来事をページェント(降誕劇)で表現しました。「ベツレヘムはどんな風景だったんだろう」「羊飼いはどんな人でどうやって羊を守っていたのかな?」「マリアさんってどんな人なのかな?」等々、絵本を見たり、みんなでイメージしながら、降誕劇に取りくみました。
当日のクリスマス礼拝では、緊張しながらも自分に与えられた役になりきって、うれしい気もちでクリスマスの出来事を精一杯伝えることができました。