image

幼稚園トピックス

幼稚園での日々の様子をこちらにアップしています。

2016年 秋

(幼稚園)2016.11月-3 藍の葉“たたき染め”

2016-11-15
image春に畑の窪田さんが藍の種を蒔いてくださり、夏が過ぎて立派な葉がつきました。その藍の葉を使い、子どもたちが“たたき染め”をしてオリジナルバッグを作りました。“たたき染め”とは藍の生葉を布の上に置き、木槌でたたいて葉の成分を染み込ませる方法です。子どもだけでは難しい工程もありましたが、お母さま方にも、協力していただき葉がずれないように手を添えるなどお手伝いをしていただきました。                                              ひとりひとり葉の大きさや並べ方がちがい、世界にひとつのオリジナルバッグができました。

(幼稚園)2016.11月-2 こっちだよ!

2016-11-15
image運動会に向けて活動してきた年中ぐみ子どもは、その後も積極的に身体を動かすことをにたのしむようになりました。今、子どもたちは、「島おに」をたのしんでいます。おにに捕まらないように、島から島へとお引越しをするおにごっこです。「いまのうちだ!」「やった!」と、おにの様子を伺いながら逃げ、捕まってしまうと「あ~捕まっちゃった」と悔しがっていますが「次は頑張るぞ!」と気もちを切り替えて繰り返したのしんでいます。ルールのあるあそびをたのしみながら、友だちとのやりとりが広がっています。

(幼稚園)2016.11月-1 ふしぎだね!

2016-11-15
image秋を迎え過ごしやすい気候になり、子どもたちは砂あそびや泥あそびをたのしんでいます。泥に少しずつ水を足していくと固まっていた土がトロトロになっていったり、しばらく置いておくとまた固まったり、砂とは違う泥特有の感触の変化に驚いていました。“サラサラのお砂糖を入れます”“コロコロだんごです”と泥と水を調節しながらイメージを膨らませあそびを広げていす。これからも砂や泥の感触を存分に感じ、あそびを深めていきたいと思います。

(幼稚園)2016.10月-1 きれいだね

2016-10-11
image年少ぐみの子どもたちは、はじめて「にじみ絵」を行いました。にじみ絵専用の絵の具と用紙を使い、水に浸した用紙に黄色と赤か青の絵の具を色を選び、筆で描くことで、色の広がりや独特の淡い色合いをたのしむことができます。「わー。色が広がったぁ!!」「みどりになったよ」「ぶどうみたい!」等々子どもたちの驚きの声がたくさん聞こえてきました。
  色の世界を素直に感じることのできるこの時期を大切にしながら、色との出会いをたくさん経験していきたいと思います。

(幼稚園)2016.10月-2 たねがいっぱい!

2016-10-11
image年中ぐみの子どもたちが育ててきたひまわりが、夏の間に子どもたちよりの背よりも高く伸び、大きな花を咲かせました。9月になって種が膨らんできたので、みんなで種とりをしました。ずっしり詰まったひまわりを手に持ち「ワー!!すごい」「100粒よりいっぱいあるよ」「1000粒だよ」と、種を見て驚きや発見を友だち同士で話していました。「お家で種を植えたら今度はもっと大きいのが咲くかな?」「空まで届いちゃうかも!」と話しながら、一人ひとり種を袋に入れて来年に咲くひまわりをたのしみにして、お家に持ち帰りました。

(幼稚園)2016.10月-3 おおきくなーれ!

2016-10-11
image年長ぐみの畑の活動で、大根の種まきに行きました。 小さな穴の空いた土の中に、大根の赤い小さな種を2粒ずつ種をまきました。 「おいしい大根になーれ!」「大きくなーれ!」と、子どもたちは、種に声をかけながら優しく土のお布団をかけていました。「大根は、おでんやおみそ汁、サラダで食べるとおいしいよ~!」など、今から収穫をたのしみにしていました。畑の活動を通し、心と体で秋を存分に感じていました。

(幼稚園)2016.9月-3 まって、まって、にげないで!

2016-9-12
image夏の間にサツマイモの苗が大きく育ち、長いツルに大きな葉っぱをつけていたので、土の中のサツマイモに栄養がいくように年長ぐみの子どもたちがツルを切りました。虫が大好きな子どもたちは、「葉に穴があいてる、絶対ここにいるよ!」と虫探しにも夢中でした。すると、何と顔を出したのは大きなウシガエル!!「わあっ!どこに行った?捕まえようよ。」と大騒ぎでカエルを追いかけていました。みんなでしばらく観察をすると、「かわいそうだから逃がしてあげようね。」と花壇に向かってさよならをしました。

(幼稚園)2016.9月-2 きもちいいね!

2016-9-12
image夏期保育中はお天気も良く、プールあそびを存分にたのしむことができました。初めは「冷たい!」と言っていた子どもたちもあそんでいるうちに水の気もちよさを感じ、動きもダイナミックになっていきました。今年はオリンピックがあったこともあり、潜ったり、泳いだあとに「金メダルとった!」と選手になりきってたのしんでいる子もいました。 「顔つけられるよ!」「見ててね!」などと嬉しそうに泳ぎを披露し、夏休みでの経験が自信に繋がり、また少し子どもたちが成長したのを感じました。

(幼稚園)2016.9月-1 いらっしゃいませ

2016-9-12
imageひかりのこにじのへやでは、夏のあいだ体験したお祭りの縁日を再現してたのしみました。年長ぐみが中心になって、どんなお店があったか思い出しながら、金魚すくいの金魚や、たこ焼き、的当てなどお店の品物を毎日少しずつ作っていきました。当日(2日)は年長・年中ぐみの子どもたちがお店屋さんになり、年少ぐみと保育園の子どもたちもはお客さんになりました。「いらっしゃい!いらっしゃい!」と威勢のいいお店やさんの掛け声に、たくさんのお客さんがきて忙しくても嬉しい表情をしていました。