image

幼稚園トピックス

幼稚園での日々の様子をこちらにアップしています。

2018年

ぽんぽん!(えのぐあそび)

2018-11-07
image年少ぐみの子どもたちは、さまざまなあそびを自分なりにじっくりとたのしめるようになってきました。先日は、たんぽ筆を使って絵の具あそびをしました。「あお君ときいろちゃんみたいだね」と、ポンポンと模造紙に色をのせてたのしんでいました。赤い色を加えると、「夕焼けになったよ」と黄色と赤が混ざった色からイメージを広げている子どももいました。これからの季節、園庭の木々の色づきなど季節の移ろいを感じさまざまな表現活動をしていきたいと思います。

きれいだね!

2018-11-07
image風が冷たくなり、園庭の樹々の葉が緑色から黄色やオレンジに少しずつ色づきはじめ、子どもたちの足元にも落ちてくる季節となりました。子どもたちは、葉っぱを集め、冠を作ったり、紙にクレヨンで葉の模様を写し、フロッタージュあそびをたのしんでいます。
これからは、どんぐりや、まつぼっくりなど、自然物をあそびに取り入れ、秋の深まりを感じながらあそびを広げていきたいと思います。

動物園作り

2018-11-07
image年長ぐみは、多摩動物園に遠足に行ってきました。子どもたちは、遠足前から図鑑や絵本などで動物のことを調べ、実際に見ることをたのしみにしていました。遠足後、「キリンのいろは黄色だと思っていたけど、茶色だったね」「インドサイはうんちをする時しっぽを上げていたよ」等々、発見したことや、気がついたことを伝え合っていました。そして子どもたちは、それぞれ印象に残った動物を思い浮かべながら、紙粘土で動物園作りをしています。「ゾウの耳は大きかったから伸ばそう」等と、実際に見てきたことを表現していました。遠足を通して、自分なりの体験を造形として表現する面白さを感じているようです。

おおきな池になったね。

2018-10-04
image秋の風が心地良く、過ごしやすい日が増え、園庭で思いきりあそぶ姿が多くなりました。年少ぐみの子どもたちは砂場にいき、穴を掘ったり、水を流したり、裸足になったりと思い思いにたのしんでいます。
 春は「どうやって使うの?」とスコップの使い方がわからなかった子どもたちも、先生の真似をしながら腕や足に力を入れて、思ったところに川を作れるようになってきました。自分のイメージを表現したい気もちも高まってきて、「くだもの山にしよう!」などと掘った砂を山にしてたのしんでいます。戸外だけでなく、やりたいことをどうしたらうまくできるかと試しながらじっくり夢中になってあそんでいます。

「きれいだね!」

2018-10-04
image年中ぐみの子どもたちは、はじめての「にじみ絵」を行いました。にじみ絵専用の絵の具と用紙を使い、水に浸した用紙に黄色と赤か青の絵の具の色を選び、筆につけます。紙の上に絵の具を垂らすと、じわ~っと広がるのをみて、「お花がさいたよ」や「色がかわったよ」等、子どもたちから嬉しい声が聞かれました。にじみ絵、独特の淡い色や色の広がりをたのしむことができた、子どもたちは、1枚の紙の上で、じっくりと色の混ざり合いをたのしんでいました。
 これからも、クレヨンや絵の具あそびを通して、色との出会いをたくさん経験していきたいと思います。

だいこんの種まき

2018-10-04
image畑に行く前に、大根のいろいろな週類や、今日まく種の青くび大根を見ると「この大根知ってる」「僕のうちにもあるよ」と、いつも食べている大根の話しや大根の赤い種にも興味をもっていました。畑では久しぶりに窪田さんにお会いできたことを喜び、ご挨拶したあとは窪田さんから、土は優しく種にかけると立派な芽がでてくることを教えていただき、「これくらいかな?」と友だちと見せ合いながら種に少しずつ土をかけていました。寒い冬の時期の収穫までに大きく育って行くことをたのしみにしています。

こんなにおよげるよ!

2018-9-12
image夏季保育はお天気の良い日が続き、水の気もちよさを存分に感じながらプールあそびをたのしみました。夏休みの経験を通して、泳ぐことや顔を水につけられるようになった子どもたちも多く「みて!早く泳げるよ!」「ねぇ、競争しようよ」と友だを誘っている姿から、7月よりもプールあそびが活発になったと感じました。
 また、久しぶりに友だちと再会したこともあり、緊張や恥ずかしそうにしていた子どもたちも、水の中で身体を動かすうちに心も開放されたようで「お部屋に戻ったら、一緒にブロックしよう」などと誘い、友だちと過ごすたのしさにあふれていました。

つかまえた!

2018-9-12
image園庭ではセミの声がたくさん聞こえてきます。虫が大好きな子どもたちは、セミの声を頼りに園庭の木々に停まっているセミを夢中で探していました。セミを見つけても、届かないと子どもたちは保育者に言いにきます。「誰なら捕まえられる?」「僕なら届くよ!」と保育者に抱っこしてもらい、逃げないように優しく捕まえました。手の中から聞こえるセミの声や振動に少し緊張していましたが、触れるのが苦手な子どもも、近くからそっとのぞいて観察していました。自然の中で小さな命に触れ、夏ならではの経験をたのしむことができました。

いらっしゃいませ!

2018-9-12
imageひかりにじでは、夏の間も幼稚園でたのしい時間を過ごしました。プールや運動あそび、涼しい日は園庭に出て虫探しや色水作りもしました。夏の終わりの8月末、みんなで縁日ごっこをしました。子どもたちは縁日や盆踊りなどに行った経験を活かして、「わたあめ屋さんになりたいな」「わなげを作ろう」と食べ物や道具を自分たちで作り、お店を開きました。当日は「いらっしゃいませ!たこ焼き、何個入りにしますか?」「ヨーヨーつりをしたい人は並んでくださーい!」と元気のよい声が響きました。子どもたちは、お買い物をしたりお店やさんになったりと、本当の縁日のようにたのしんでいました。翌日も縁日ごっこは続き、夏ならではのあそびをたのしみました。

ぬるぬるきもちいいね

2018-7-31
image年少ぐみは、園庭でフィンガーペインティングをしました。「えのぐであそぼう」と聞いて嬉しそうな表情になりました。「赤色と黄色が、あそびに来ましたよ~」とテーブルの上に絵の具を出すと、最初は恐る恐る触っていましたが、「ペタペタしてるね」「ヌルヌルだぁ」と感触をたのしんでいました。子どもたちは両手で絵の具を広げながら「赤と黄色でオレンジになった!」と歓声をあげ、色の変化もたのしんでいました。「またやりたいね」と、満面の笑みで言っていました。幼稚園ならでは、たのしいあそびとなりました。

あまくて、おいしいね!

2018-7-31
image年中ぐみでは、年間を通して食育の活動を行っていきます。先月は、今が旬の「とうもろこし」の栄養について保育園の栄養士さんからお話を聞き、子どもたちは興味津々でした。皮をむく工程では、「まだまだ、お洋服を着ているよ!暑くないのかな?」と、友だちと顔を見合わせて話したり、実際に茹であがる様子を目の前で見ました。「とうもろこしがお風呂に入っちゃった~!」「ほら、色が変わってきたよ!」と、いろいろな発見をしました。茹で上がったとうもろこしを「おいしいね!」「あまーい!」と、味わいながらいただきました。これからも、いろいろな野菜に触れながら「食」への関心に繋げていきたいと思います。

お泊まり保育

2018-7-31
image年長ぐみの子どもたちは、幼稚園でお泊まり保育をしました。夕食にはみんなでカレーをいただいたり、夜は園庭でキャンプファイアーを行い、「幼稚園の夜ってドキドキするね」と普段過ごしている幼稚園が子どもたちにとって、特別な空間となっていました。2日目のスイカ割りでは、「前!前!」「少し左!」などと大きな声で声援を送り、たのしみました。スイカ割りの後は、誰が一番種を遠くまで飛ばせるかを競争しながら「甘いね」「スイカ苦手だけど食べられたよ」と園庭でおいしくいただきました。
友だちと一緒に過ごすたのしさと同時に、協力することの大切さを感じることができたお泊まり保育になりました。

にじのおいかけっこ

2018-7-4
image 梅雨の晴れ間の暑い日には、園庭で水あそびをしました。ペットボトルに水を汲んで体にかけたり、シャワーの水を浴びて、「きもちいいね!」と、水の冷たさ、心地良さを感じてあそんでいました。
 シャワーの下を通った男の子が、「にじだ!」と虹を見つけて、つかもうとしました。シャワーを動かすと、「あっちだ!」「あれ、なんで」と逃げてつかめない不思議さにおいかけっこが始まり、友だちや先生とたのしそうにあそびました。暑さに負けず、笑顔で喜ぶ子どもたちでした。

なにができるかな?

2018-7-4
image 年中ぐみは、6月から空き箱を使って工作を始めました。はさみで切ったり、のりやセロハンテープで箱と箱をつなげながら、子どもたちなりに工夫して双眼鏡やギター、自動車などを作っていました。「これは船だよ」と、色々な形の空き箱を組み合わせ、色を塗り「のりでくっつかないね」「セロハンテープならくっつくかな」と、自分で考えながら組み立てていました。
 子どもの気づきを尊重し、工作をたのしんでいきたいと思います。

きれいにしよう!

2018-7-4
image 年長ぐみの子どもたちで、プール掃除を行いました。「年少さんは、まだできないね」と年長ぐみになったからできるプール掃除を、とても張り切っていました。たくさん泡立てたスポンジで、汚れを落としていくと「きれいになってきたよ!」「こっちも誰か手伝って」と友だちを呼び合いながら、みんなできれいにしていました。
 7月になって、自分たちで掃除したプールに満足し、気もちよくプールあそびをたのしんでいます。

たのしいね

2018-6-11
image幼稚園の生活に少しずつ慣れてきた年少ぐみの子どもたちは、ブランコ、ブロック、おままごとなど、自分の好きなあそびをたのしんでいます。天気の良い日には、砂場で素足になって穴を掘ったり、水を流して川作りに夢中です。「もっとお水流そうよ」「うみになったよ」等々、たのしそうな声がたくさん聞こえるようになりました。水に足を入れると、「きもちいいね!」と微笑む姿が見られ、たのしい時間が子どもたちにとっては安心感に変わっていっているようです。毎日の着替えも自分でやってみようという意欲的にとりくもうとしています。先生と一緒にあそびながら好きなあそびを見つけて、「おもしろい」「嬉しい」など様々なことを感じていきたいと思います。

さつま芋

2018-6-11
image年中ぐみでは、幼稚園の花壇にさつま芋の苗を植えました。子どもたちと一緒に土をふるいにかけていると「ふかふかの土になってきたね」と柔らかくなった土の感触をたのしんでいました。じっくりとさつま芋の苗を見ている子どもたちから「葉っぱの形がハートになっているね」とお話してくれました。苗を植えるときには、「大きくな~れ」とことばをかけ、これからの変化をたのしみにしています。みんなで大切に育てていきたいと思います。

わぁ!きれいな色になった!

2018-6-11
imageパンジーやつつじ、ペチュニアなどたくさんのきれいな花がお庭に咲くこの季節、子どもたちは落ちている花びらを集めて色水あそびをたのしんでいます。容器に花びらと水を入れ、スプーンなどで擦るときれいな色が出てきます。「わぁ!黄色になった!」「水色はどうしたらできるかな?」など、花びらの色を選んだり、友だちと教えあったり、工夫しながらどのような色がでるのか試しています。できあがった色水に満足し、和紙に模様をつけたのしむなど、春の自然を感じながらあそびを深めていっています。

おいしいね

2018-5-10
image年少ぐみの子どもたちも、入園して1ヶ月が経ちました。
幼稚園の生活にも少しずつ慣れ、砂場やままごとなどいろいろなあそびをたのしんでいます。 
 先日は、幼稚園で初めてのお弁当をいただきました。お弁当箱を開け「おいしそう!きゅうりとハムがはいってる!」とサンドウィッチを見せてくれたお友だちもいました。保育者や友だちと食べる初めてのお弁当はどきどきしていましたが、食べた後にはみんな満足し、嬉しそうな表情でした。「美味しかった。明日も楽しみ!」と翌日のお弁当もたのしみにしていました。

そーっと、そーっと

2018-5-10
image年中ぐみのお部屋では、年少の時から親しんできたWAKU積み木をたのしんでいます。自分の背と同じ高さまで積み上げて、「ぼくとおんなじくらいの大さになったよ!」と喜んだり、「これは階段で、上までのぼれるんだよ!」と、お城や階段に見立て、イメージしながら夢中になってあそんでいました。
 積み上げたり壊したりを繰り返してあそべるのが積み木です。イメージをもって作ったり、友だちと工夫をしながら積み木あそびをたのしめるようになってほしいなと思います。

枝豆の種植え

2018-5-10
image初めての畑の活動をたのしみにしながら、「あと何にち寝たら畑に行ける?」と日にちを数え、心待ちにしていました。畑に到着し、窪田さんに挨拶をしたあとは、枝豆の種の植え方や土のかけ方を教えてもらいました。1人2粒ずつの種を手のひらで大事に握り「こうやるんだよね!」と、そっと土をかけ、優しくていねいに種を植えました。種を分けていただき、幼稚園でもプランターで育てています。芽が出始めると「窪田さんの畑の枝豆も大きくなってきているのかな?」と言っていました。幼稚園と畑の枝豆を大切に育てながら、成長をたのしみにしていきたいと思います。

どこまでが皮なの?

2018-5-10
image畑でお世話になっている窪田さんからのご厚意で、たけのこを頂きました。大きなたけのこを一人ひとり持ち上げてみると、「おもいね~」と子どもたちは嬉しそうな声が聞こえてきました。「どこまでお洋服着ているんだろう?」と皮を剥いてもなかなかむけず、みんなで交替に皮むきを体験しました。
 皮を剥き終わったタケノコを切ってみると「これ売っているの見たことある!」などと、新たな発見をした様子でした。子どもたちは、これから始まる窪田さんの畑での活動に期待を膨らませています。

どうぞ、めしあがれ!

2018-5-10
image園庭の八重桜の花びらがひらひらと落ち始めました。子どもたちは、「お花のお布団みたい!ふかふかするね!」と、花びらを夢中で集めていました。砂場のままごとに使い、潰したり水の中に浮かべてスープに見立てたり、料理にそっと乗せトッピングし
「いらっしゃいませ!お花なのケーキです!」と、お店を開き、春の自然を感じながら、心地良いひとときをすごしました。

ご入園おめでとうございます

2018-5-10
image幼稚園に新しいお友だちが入園しました。“入園のつどい”では、「幼稚園って、どんなところだろう?」と嬉しさと緊張でおうちの方と登園して来ました。ホールで、歌を歌ったり、お祈りをしたり、先生たちの人形を使った歌も聞きました。おうちの方と一緒に、みな笑顔いっぱいでたのしく過ごすことができたようでした。記念写真の撮影が終わると、「お外であそびたい!」と園庭を指差してお話ししている子どもたちもいました。これからたくさんあそんで、素敵な時間をすごしていけますように。